業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月05日 [FAQ]

自宅のセキュリティを高めるポイントは何ですか?

最近、私の家の近所で空き巣の被害が増えているという話を警察のかたから聞いて、自宅の防犯に気をつけてくださいといわれたのですが、実際のところ、具体的に何をすれば自宅のセキュリティを高めることができるのか分からないため困っています。
そこで、自宅に泥棒が入り込まないようにするためにどういったセキュリティ対策ができるのか教えてください。

回答

必ず施錠して、普段から防犯意識を高めることが大切です


どれだけ優れた防犯対策を用意していたとしても、ドアの鍵を施錠するのを忘れてしまえば、そこから泥棒が入り込んでしまい被害にあってしまう可能性があるため注意しましょう。
一番の防犯対策は必ず施錠することで、外出する際はもちろんのこと、たとえ自宅にいる間であっても玄関や窓、ベランダなどの鍵もしっかりとかけておくことが大切です。
マンションで2階以上に住んでいたとしても、屋上や隣家、雨どいなどから伝って侵入してくることがあるため、基本的にどんな場所に住んでいたとしても、空き巣が侵入する可能性があることを意識して生活しましょう。
訪問者が強盗であるというケースもあるため、誰かが訪問してきたときにはインターホンで相手のことを確認し、初対面の相手の場合にはしっかりとドアチェーンをつけた状態で対応するようにしましょう。
自宅に帰るのが遅くなってしまう場合には、部屋の明かりをつけたままの状態で外出し、夜間に自宅を留守にしていることを空き巣に知られないように工夫することも効果的です。
また、女性の一人暮らしの場合はそのことを知られてしまうのはリスクとなってしまうため、たとえば、洗濯物を外に干さないようにしたり、わざと男物の下着を干したりすることで、カモフラージュすることも重要です。
こういった対策をするだけではなくて、鍵をピッキングされにくいものにする、窓ガラスをすべて防犯ガラスにする、防犯ブザーを設置するといった対策をとることで、侵入を防ぐことができます。
絶対に安全で安心できる防犯対策は存在しないことを理解して、常に犯罪に巻き込まれるリスクがあることを想定して、防犯を意識して生活をすることが大切です。
万が一、侵入されたときのことを想定して、家のなかでどこに逃げるべきかルートを確保しておき、もしものときにスムーズに逃げられるようにしておくことも重要です。
このようにさまざまな防犯対策に努めることによって、犯罪に巻き込まれる可能性を減らせるでしょう。

PageTop