業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月26日 [FAQ]

防犯対策をしても空き巣に入られた時はどうすればいいの?

一人暮らしの友人が先日空き巣に入られてしまいました。
私と同じで大学進学のために田舎から東京に出てきて、卒業後はこっちの企業に就職して、その後多少お金に余裕ができたので、アパートから女性でも安心して暮らせるようにオートロックなどセキュリティがしっかりしているマンションへ引っ越ししました。
私も住んでいる場所は違うけれどもほぼ彼女と同じ経緯をたどっていて、今回のことである程度セキュリティが整っているマンションでも、東京では簡単に空き巣に入られることを実感しました。
もちろん、よりセキュリティがしっかりしているタワーマンションなどに引越しすることもできないし、そもそもまだ契約期間が長く残っているので、自分なりに防犯対策を強化はしているつもりですが、それでも空き巣に入られてしまった時はどう対処すればいいのでしょうか?
それと効果的な防犯対策があれば是非教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いいたします。


回答

まずはすぐに110番してください。


帰宅したら部屋が荒らされていたなど、空き巣に入られたことが分かったら、まずは落ち着いて警察へ通報してください。
焦って家の中を歩き回ったり、盗まれたものを確認する人も多いのですが、まだ犯人が家の中にいる可能性があり、もし犯人に遭遇してしまうと、居直り強盗に発展して命を奪われる危険も高くなるので、家の外へ避難して警察が到着するのを待ちましょう。
それに荒らされた部屋はそのままにしておくことで、空き巣の逮捕率はアップして、盗品が見つかる可能性も高まります。
その後盗まれたものを確認して、クレジットカードやキャッシュカードや通帳などが盗まれていた場合は、すぐに各所へ連絡して使用できないように対処してもらいましょう。
もしも携帯電話が盗まれていた場合は、自分だけではなく家族や友人などへの二次被害に発展するケースも実際に起きているので、すぐに携帯電話会社へ連絡して、これまで使用していたアドレスなどもすべて変更して、携帯電話が盗まれたことを家族や友人たちにもきちんと伝えましょう。
一番の防犯対策は、玄関の鍵をより防犯性の高いものに替えたり、窓の鍵を増やしたり、防犯シートを貼ることですが、留守だと悟られないように、電気をつけたりラジオを流しておくなどの対策も効果的です。

PageTop