業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月27日 [FAQ]

賃貸物件の鍵は勝手に交換していいの?

私は何をするにも慎重で、良く周りからは神経質で何事にも細かいとディスられることも多いのですが、自分では何か起きてから後悔しても遅いので、自分の性格は長所だと思うようにしています。
こんな性格なので、今まで生きてきて、忘れ物や落とし物をした記憶は全くないのですが、お酒を飲むようになってから、ごく稀ですが記憶が曖昧になることや、飲んでいたお店に忘れ物をすることもあって、それでも大事に至ることはありませんでしたが、先日ついに借りているマンションに鍵を紛失してしまいました。
もちろんこんな性格なので、万一の時に備えてスペアキーも作っていて、マスターキーは両親に預けていたので、交通費はかかりましたがすぐに部屋に入ることもできたのですが、このような場合でも、鍵を失くしたことを報告しなければいけないものでしょうか?
ほとんど心配はないと思うのですが、紛失した鍵が見つからないうちは、部屋に侵入される可能性もあるので、そこも気持ちが悪いのですが、もしも部屋の鍵を交換したい場合は、管理会社などに言えば可能なのでしょうか?
やはり勝手に鍵を交換するのは駄目ですよね?


回答

鍵を紛失した場合は必ず報告が必要です。


賃貸物件は、その字の通りに人から借りている物件ですので、持ち主の許可なく勝手に鍵を交換してはいけません。
入居時に鍵を交換するのは、多くの賃貸物件で行われていることで、その場合の費用の負担を貸主か借主が行うのかは、ケースバーケースで決まりはありませんが、今回のように鍵を借主が紛失してしまった場合は、費用負担は借主になる場合がほとんどで、それでも鍵の交換をする時に持ち主の許可を得なければいけません。
鍵を紛失した場合は、たとえマスターキーが残っていたとしても、必ず建物の持ち主か管理会社に報告しなければいけません。
しかし、まずは落ち着いて鍵を探すことからはじめましょう。
記憶を辿って、鍵を失くしたまでの行動を考えてみると、意外に鍵が見つかることも多いものです。
鍵をどこかに置き忘れたり落とした場合は、警察に紛失物として届いていることもありますので、どうしても見つからない場合は、警察へ紛失届を出しましょう。
今回のようにマスターキーがない場合でも、鍵を失くしても管理会社などに報告すれば、スペアキーが保管されている場合がほとんどなので、焦らず鍵を探すところからはじめてみましょう。

PageTop