業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

鍵穴壊しとは何ですか?

今度、防犯対策として自宅の鍵を新しいものにしたいと考えていて、いろいろと調べていると、鍵穴が破壊されることへの耐性が重要であることを知ったのですが、鍵穴を壊すのがどういうことなのかあまりイメージできません。
そこで、鍵穴壊しとは一体どのようなものなのか、どうしてこれへの対策をしておく必要があるのか教えてください。

回答

鍵穴を壊されて空き巣に侵入されるケースがあります


空き巣はさまざまな方法で住宅に侵入しようとするのですが、その中でもよくある手口として鍵穴壊しがあり、これは文字通り鍵穴を壊してしまうことで、ピッキングとは異なる方法となっていて、鍵穴壊しにもしっかりと対策を立てておくことが必要となります。
鍵穴壊しで使われる道具としては、ドリルやハンマー、ドライバーなどがあり、たとえばドリルを穴に入れて穿孔する、ハンマーによって殴打して鍵穴を壊すといった方法が行われます。
特に築年数の古い家の場合には、上記の方法によって簡単に鍵穴を壊すことができ、経年劣化によってもともと鍵穴が弱くなっているためにさらに壊しやすくなっているため、注意しなければいけません。
古い鍵の場合はピッキングへの耐性もほとんどないことが多く、空き巣にとっては絶好のターゲットといえるため、築年数の古い家に住んでいる人は鍵穴に注意しましょう。
鍵穴壊しでは大きな音がしてしまうため、空き巣はすぐに鍵穴を壊せることを重視するため、古い家がターゲットにされやすく、あっという間に鍵穴を壊されてしまい家の中に入られてしまうのです。
鍵穴壊しへの対策としてはシリンダーを交換することが重要であり、最新のシリンダーの中には鍵穴壊しへの耐性に優れているものがたくさん登場しているため、そちらに交換するだけでも大きな防犯効果を発揮できるでしょう。
また、最新の鍵に交換することによって、ピッキングへの対策にもなって、鍵を複製されるリスクも軽減することができるため、玄関のドアからの侵入を未然に防ぐことができるようになります。
基本的に性能の高い鍵ほど料金が高くなってしまうのですが、空き巣に入られてしまうリスクを考えれば、高いシリンダーと交換することは納得できる出費となるでしょう。
シリンダーの交換ではシリンダーそのものの費用だけではなくて、作業料金や出張料金なども業者に支払うことになるため、事前に見積りをもらって、どのくらいの費用がかかってしまうのかきちんと確認しておき、納得できる費用を提示する業者に依頼しましょう。

PageTop