業者選びに役に立つ鍵・防犯・セキュリティに関連した業者をご紹介します。

防犯業界コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

お金をかけないでできる防犯対策は?

最近近所で空き巣の被害が多発しているようで、本当なら警備会社にお願いして、ホームセキュリティサービスを導入すればいいのでしょうが、そうなるとこの先毎月費用が発生するので、多少お金がかかっても、一度で済ませられる防犯対策をしたいと考えています。
できることならあまり費用をかけなくても良い方法がいいので、空き巣被害に遭わないための、なるべくお金をかけないでできる防犯対策を教えてください。


回答

個人情報を流出しないようにすることも大事。


まず、ある程度費用をかけるなら、やはり家の周りに防犯カメラを設置するのが効果的です。
カメラの台数が多いほど空き巣を遠ざけることになり、費用を抑えたいなら、ダミーのカメラを利用したり、警備会社を入れていると思わせるステッカーを貼るだけもかなりの抑制力が働きます。
空き巣が侵入するのは、玄関か窓がほとんどなので、玄関の鍵を防犯性の高いものに替えて、泥棒が入りそうな窓を防犯ガラスに替えたり、窓に鍵を増やしたりするのも効果的です。
最近では、泥棒の侵入を妨げるための防犯グッズがネット上などでもたくさん販売されているので、意外にお金をかけなくてもいろいろな対策を行うことができます。
泥棒の大半は空き巣で、留守を狙って家の中に侵入するので、常に誰かが家の中にいると思わせることも効果的です。
外出する時には敢えてテレビやラジオをつけたり、夜には部屋の照明をつけておくといいでしょう。
長期間不在にする場合は、新聞を止めるなどの対策も忘れず行いましょう。
ご近所さんと交流があるなら、郵便ポストに溜まった郵便物を留守中に預かってもらうことも防犯対策につながります。
家の前に高級車を駐車していると、お金があると思われて空き巣のターゲットになる可能性も高くなりますし、車自体も狙われます。
軽自動車や小型車は盗難のリスクが低くなり、空き巣に遭う確率も下げられます。
万一の時のことを考えて、家の中に現金や貴重品を置かないことが、究極の防犯対策です。
最近流行している断捨離や、ミニマリストになることも、防犯対策につながります。
偽物の貴重品を用意しておくことも効果的で、使用していない通帳やダミーの印鑑を入れておくことでリアリティーが高まります。
近頃ではSNSから情報を得て、旅行中に空き巣に入られる被害も増えているので、安易に個人情報を流出しないことも防犯対策につながります。

PageTop